2012年07月21日

コレ以上涙わごめんだぜ!

皆々様〜1週間ご苦労様ですた。 腐り行くわが国日本のために、今日も1日働いていただきまして真にありがとうござりまする。

低賃金労働に疲れた皆々様を癒すがごとく、スグルんわ今日も癒しのメタルをお届けするぞなもかし。

て、ゆ〜わけで今回わOZZY続きの「ザック・ワイルド」です。

ジェイクの後任のギタリストということで、当時わザックもさぞかし嫌な思いもしただろぉに…。

彼わ見事にやってのけました。 ピンチを、チャンスに変えたってことですか。





ミラクルマン…。 なつかしぃ〜! ギターソロん3連のトコロどれだけ練習したか。

ザックも昔わ美男子だったんだぜ。 たしかオジーのバンドに10代で加入したんで、度胸をつけさすために
刑務所でライヴさせたとか…。

当時のギターヒーローが、ストラトでフルピッキングのマイナースケールを奏でる中、ザックだけが
レスポールでゴリゴリとペンタを奏でるという…。 だから人気がでたのかな? 

みんなも、人と同じことやってもダメだぞ!ってザック先生わ教えてくれるのです。





オジーのギタリストとして一番長く在籍したザックですが、脱退後の「プライド〜」から彼の音楽性の
深さというものを知るのです。 ブルースやカントリーの影響、チキンピッキング、ピアノとかもプレイしてるし、ボーカルも彼がとってますよ。

スグルん辛くなったら彼のことを思い出します。 そしてこう思うのです。

「もぉ涙わいらない!」と。

posted by suguru at 00:43| 大阪 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。